子育て

妊娠中にやっておきたいこと・知っておきたいこと~その5

妊娠中に知りたいこと

今回は、働いている妊婦の皆さんに教えたいお金の知識についてご紹介します。

これは私が妊娠中に

  • 知りたかったこと
  • 教えてもらって役に立ったこと
  • 嬉しかったこと

これらを少しでも共有できればと思いまとめました。

もうすでにママになっている方でも参考になるかと思います。

子育てにはお金がかかります。

知識がないために悩んだり、損をするママが

少しでも減るとうれしいです!

 

子の看護休暇

小学校就学の始期に達するまで

1年に5日までの休暇の取得が可能になります。

病気の看護はもちろん

予防接種、健康診断を受けさせるためでも取得可能です。

 

取得可能単位は1日又は半日(所定労働時間の2分の1)です。

 

また子どもが2人以上の場合は10日になります。

(3人でも10日なんです、、これは2人以上産むなってことですかね・・・?)

 

会社によって違いますが、無給休暇となる会社がほとんどのようです、、

私の会社もそうです。

ボーナスが減らないだけマシかなとも思いますが、

有給休暇扱いになる会社が羨ましい><

 

これらは育児・介護休業制度として厚生労働省にも載っています。

詳しくはこちらをクリック

 

 

少し私の話をしたいと思います。

私の職場は、育児に関して少しは積極的に動いてくれている方だと思います。

育休復帰後は、時短勤務が当たり前で

男性の産休取得も可能ですし(まだ数人らしいですが)

人事も有給が少なくなれば、大丈夫ですか?と気を使ってくれ、

逃げ道も教えてくれます。

(大きな声では言えませんが、生理休暇として申請したり、介護休暇も・・・)

 

 

それでも、上司(男性50代後半子なし)から

(子どもの風邪などにより)突発的な休みが多いため、本当はいい評価をつけたいが

そこがマイナス評価となり、今回は平均的な評価となります

など、平気で言われます。

休みは有給休暇の日数内ですし、休んだあとには多少の残業もしたし

納期が遅れるなどは発生させておらず、カバーしてきたつもりです。

 

 

もちろん、こんな事言う上司ばかりではなく、

上記のことを言われたあとに、もう少し若い係長(男性3人の子持ち)から

あんなこと言われたからといって(子供のために)休むのを躊躇しなくていいからね

子どもが大きくなってから、バリバリ働いてくれたらいいから

とフォローしてくれる上司もいます

 

今はあとにつづく後輩のために先駆者のつもりで、道を開いていこうと思っています

 

以上、【妊娠・出産で貰えるお金は?使える制度は?】から数えると6回に渡って書いてきました。

少しでもみなさんの参考になれば幸いです!

それでは!

 

ののみのイチオシ情報!

おうちで遊ぼう!

今ならファミリアのバスタオルが無料で貰える!

ベネッセこどもちゃれんじの無料プレゼントが可愛すぎる!!しまじろうのCMでおなじみのベネッセのこどもちゃれんじ 無料の資料請求でもプレゼントやお試しの教材がもらえるんです! しかも今ならフ...

お家でカラオケで盛りあがりませんか?

Switchにはカラオケのアプリがあるんです!

期間券と別売りのマイクの購入して簡単にできちゃうんです!

\詳しくはこちら/

Switchカラオケ
【盛上がり間違いなし!】NintendoSwitch(スイッチ)のお家でカラオケが楽しい! Switch(スイッチ)でカラオケする方法は無料のアプリを入れて カラオケをするチケットを購入してします。 きっかけ...

お家で本格的な流しそうめんしませんか?

盛り上がること間違い無しの流しそうめん!

うちは竹ではなく雨樋を使ってしています!

竹だと1シーズンでだめになっちゃうけど

雨樋ならずっと使えます!

\詳しくはこちら/

流しそうめんの竹を自作!ホームセンターで2000円あれば出来ます!!こんにちは! 令和初の記事は我が家の定番のお外ご飯! 流しそうめんについて書きたいと思います! お外ご飯と言えばBBQ...

 

関連記事はこちら