子育て

時短のボーナスはいくら?計算方法は?

今回は時短をとるとボーナスはどうなるのか?

どれくらい引かれて、手元に残るのはいくらになるのかをご紹介したいと思います。

私も子育てのために、フルタイムから時短へと変更し働いています。

これからママになる方へ、すでにママになっている方へも、もちろんパパも!

参考になればと思います。

↓時短の給与の計算方法はこちら↓

フルタイムから時短へ!給料の簡単な計算方法は?今回は時短をとると給料はどうなるのか? どれくらい引かれて、手元に残るのはいくらになるのかをご紹介したいと思います。 私も子...

時短を取得できるのは誰?

よく言われる時短とは、改正育児・介護休業法で定められている短時間勤務制度のことです。

短時間勤務制度が適用される条件は、「3歳に満たない子を育てている」ことです。

なので、ママだけではなくパパも適応となります。

原則で1日6時間の短時間勤務となり、1年以上雇用されている契約社員やパートタイマーで、6時間を超えて週3日以上働いている方にも適用されます。

時短のボーナスの計算方法

時短を取得した場合のボーナスの計算方法は、こちらになります。

(あくまで私の会社の場合になります。)

基本給 × 時短取得の労働時間 ÷ 通常の実労働時間

となります。

基本給が20万円の場合この式に当てはめて計算してみます。

ボーナスは2か月分、フルタイムを8時間として2時間の時短を取得したとします。

40万円 × 6時間 ÷ 8時間 = 30万円

10万円減りましたね、、。

また、基本給ごとに計算してみました。

基本給(万) 時短取得時間(時間) フルタイム(時間) 時短分引いた給料(万)
20 6 8 30
18 6 8 27
16 6 8 24
14 6 8 21

あくまでも例になります。天引きされる額や保険料などは考慮していません。

時短でも残業代はつきます

時短を取得したからと言って、残業代がつかないなんてことは絶対にありません。

しかし、フルタイムの時間の間の残業は、そのままの給料がつくため

普通の残業代ですと、基本の時給に上乗せされて給料が付きますが、定時までは時短していないものとみなされるだけとなります。

 

まとめ

せっかく正社員として復帰し、時短を取得し働きだしても

給料の差に愕然とすることもあるかと思います。

金銭面だけでは、ありません。

心理的にも、子どもを保育園に預ける際に泣かれたりすると、一体何のために働いているのか…と葛藤することもありました。

それでも、私は働くことは好きだし、時短が取得できて、有給休暇も取得できる。

周囲の理解もあり、現在の職場は非常に恵まれていると考え、辞めずに働いています。

それでは。

 

子育てカテゴリー人気記事
合わせて読んでね