子育て

フルタイムから時短へ!給料の簡単な計算方法は?

今回は時短をとると給料はどうなるのか?

どれくらい引かれて、手元に残るのはいくらになるのかをご紹介したいと思います。

私も子育てのために、フルタイムから時短へと変更し働いています。

これからママになる方へ、すでにママになっている方へも、もちろんパパも!

参考になればと思います。

時短を取得できるのは誰?

よく言われる時短とは、改正育児・介護休業法で定められている短時間勤務制度のことです。

短時間勤務制度が適用される条件は、「3歳に満たない子を育てている」ことです。

なので、ママだけではなくパパも適応となります。

原則で1日6時間の短時間勤務となり、1年以上雇用されている契約社員やパートタイマーで、6時間を超えて週3日以上働いている方にも適用されます。

時短の給料の計算方法

時短を取得した場合の計算方法は、法律で定められています。

基本給 – 時給 × (月額の所定労働時間 – 当月の実労働時間)

となります。

ちょっと難しいですよね、もっと簡略化した計算式はこちらです。

基本給 × 時短取得の労働時間 ÷ 通常の実労働時間

基本給が20万円の場合この式に当てはめて計算してみます。

フルタイムを8時間として2時間の時短を取得したとします。

20万円 × 6時間 ÷ 8時間 = 15万円

5万円減りましたね、、。

また、基本給ごとに計算してみました。

 

基本給(万) 時短取得時間(時間) フルタイム(時間) 時短分引いた給料(万)
20 6 8 15
18 6 8 13.5
16 6 8 12
14 6 8 10.5

あくまでも例になります。天引きされる額や保険料などは考慮していません。

有給休暇や看護休暇(無給休暇)を取得した場合の給料

子育てをしていく上で避けられないのが、子どもが風邪をひいた場合です。

私も、有給休暇・子どものための看護休暇を取得しなんとかやりくりしています。

その場合の給料はどうなるか?です。

 

有給休暇を取得した場合

有給休暇は文字通り、給料がそのまま当たる休暇になります。

有給休暇を1日とれば、その日は1日分すなわち8時間働いたと見なされます。

不思議ですよね、休んだ日のほうが給料が高くなるのです。

今の時期インフルエンザに罹ると、5日間休まなければならない、、なんてことも出てきます。

その場合は、5日間分、1日8時間働いたことになるので、2時間時短を取得していた場合

2時間 × 5日間 = 10時間

となるので、なんと10時間分も時短勤務の時より働いた事になります。

実働日数にもよりますが、基本給が20万円だった場合

1万円以上は増える計算になります。

看護休暇(無給休暇)を取得した場合

有給休暇でやりくり出来ればいいですが、それでも足りなくなることもあります。

そんな時に使えるのが、子どものための看護休暇です。

これも法律で定められているので、未就学児の子どもに対し「一人あたり年5日間子どもが2人以上の場合は10日)」使える制度になります。

これは働いていない分、”給料は減るが、ボーナスには響かないよ”という制度です。

なので計算方法は時短勤務と同じになります。

私のおすすめの取得方法は、実労働日数が少なくなる、ゴールデンウイーク・お盆休暇・年末年始休暇の月です。

有給休暇取得した場合でもふれましたが、時短という制度は、働けば働いた分給料から引かれる仕組みです。(制度としては分かるが、モチベーションの持って行き方に困る)

祝日が多く、働いていない日が多い月に無給休暇を取得すれば、給料もそんなに下がらなくなる、というわけです。

時短でも残業代はつきます

時短を取得したからと言って、残業代がつかないなんてことは絶対にありません。

しかし、フルタイムの時間の間の残業は、そのままの給料がつくため

普通の残業代ですと、基本の時給に上乗せされて給料が付きますが、定時までは時短していないものとみなされるだけとなります。

 

まとめ

せっかく正社員として復帰し、時短を取得し働きだしても

給料の差に愕然とすることもあるかと思います。

金銭面だけでは、ありません。

心理的にも、子どもを保育園に預ける際に泣かれたりすると、一体何のために働いているのか…と葛藤することもありました。

それでも、私は働くことは好きだし、時短が取得できて、有給休暇も取得できる。

周囲の理解もあり、現在の職場は非常に恵まれていると考え、辞めずに働いています。

お読みいただきありがとうございました

子育てカテゴリー人気記事
合わせて読んでね